四季の小路

北海道俳句年鑑2023年度版に掲載された北海道俳句協会会員の作品をご紹介しながら、北海道の四季をたどります。今週は下記の皆様(敬称略)の作品をご紹介します。

西村山憧
(札幌市)

連弾の街角ピアノ木の芽吹く
左手はまだリラ冷えのままでいる
紫陽花や花の数だけ闇がある
終止符をどこに打とうか蟬しぐれ
樹の瘤に民話いっぱい木の実降る

丹羽雅春
(札幌市/葦牙)

蜃気楼新作歌舞伎立ち上がる
大汽笛海霧の緞帳揺らしたる
祭笛振り向けばストーンサークル
五稜郭兵を鎮める雪しきり
雪解急原野にカムイ躍り出る



庭田一美
(札幌市/道)

身の内の鬼と共存豆を撒く
初蝶に出会ふ予感や母恋駅
昼の地震無気味に動く海胆の棘
短冊に先師の一句星祭
今朝秋と思ふいつもの化粧水

沼尻世江子
(函館市/艀通信)

やはらかく噛んでゐるなり獅子頭
耳鳴りにてこずつてをり春の闇
吸ふよりも吐く息大事夏の森
ひまはりの呵呵大笑となりにけり
船笛の秋つのらせてをりにけり




沼田勝江
(釧路市/ホトトギス)

胸騒ぎまさか汀子師二月の訃
春の佳句遺して逝けり虚子の許
三椏の花に出会ふも緣かな
汀子師も目見えし虚子の句碑の秋
汀子師と同じテーブル聖五月

沼田泥舟
(苫小牧市/いには)

ちやんばらの始まる予感軒氷柱
花万朶三年ぶりの一人旅
万緑へ走る鈴の音研究林
海霧這ふや賢治の詩にありし牧
百日紅平和今日までかもしれぬ


根本絢子
(札幌市/若葉)

春宵や古レコードに聴くタンゴ
瀬戸内の島々抜けて風五月
秋日射す壁にキルトのアラベスク
うづたかき漁港の木箱風花す
餅の数問ふ楽しさの雑煮椀

根本栄子
(小清水町/道)

長旅の果てはふるさと鮭の群れ
囀りの空を遮るヘリの音
花むくげ短く咲きし逝き給ふ
知床の連山はるか土曜凪
アカシヤの香に誘はれてあと百歩

野辺ひろこ
(小樽市/鶴)

故郷の駅前初秋の同期会
白萩や一ㇳ 日大きく揺れどほし
頰なづる夕風早も秋のもの
晴天の続く九月や旅恋し
夕野分沖に白波生れにけり


野呂歩世亜
(札幌市)

コスモスを供へし墓に在る明り
風に音雲に影在り萩の路
人知れず歩く故郷秋彼岸
菊の香に菊の風過ぐ村静か
枯葉踏み語らふ海岸までの路



橋本和男
(小樽市/天為・アカシヤ)

二風谷にカムイの祷り桜鱒
蝦夷白蝶群れて虚ろな林檎の木
天北の雨にかしぎて蕎麦の花
多喜二碑に光のこだま小鳥来る
雨といふ色を重ねて野紺菊

橋本末子
(小樽市/鶴)

大正の香のして妣の薄ごろも
すててこの父すててこの児を抱き
夏月の弓張りなればギター手に
やちぶきの莟を妣とわかち食ぶ
待たされてグッピー又も数へゐる

橋本喜夫
(旭川市/雪華・銀化)

小鳥来るほどよく人が死ぬ國に
花野行く少しの未来あゆむ人
雪虫や冬があまがみするやうに
青写真異界の日暮映したる
わが死後の子午線をゆく白長須鯨

長谷川末子
(旭川市/舷燈)

じんじんと日暮れが凍てを連れてくる
冬木立抜けきるまでは振り向かず
如月のときめきついと花舗に入る
抱かれゐる赤子に眠い桃日和
練乳に匙を沈める夜の秋

畠典子
(札幌市/葦牙)

真新な雪の蝦夷富士年明くる
青水無月神事の太鼓鳴りわたる
野の花の机になじむ野分あと
炎天の海に裾ひく利尻富士
ふところに保護猫のゐる霜夜かな




お問い合わせ・申し込みフォーム

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました

北海道俳句協会 

事務局 :〒004-0032 札幌市厚別区上野幌2条4丁目7-22 齋藤 雅美方